子連れおでかけレポ

大井川鐵道でトーマス号に乗ってきた!トーマスフェアの見どころ紹介

はい!タイトルの通り、静岡県の大井川鐵道でトーマスに乗ってきました~!

大井川鐵道【公式】はこちら>>http://oigawa-railway.co.jp/

台風の影響で写真的には天気が残念ですが・・・元々は雨予報だったので、雨に降られなかっただけでもよかったです!

動くトーマスに長男(2歳5か月)のテンションはダダ上がり(笑)

煙を吐いて、汽笛をならしながら動くトーマスに大人の私も大興奮でした。機関車って本当に「シュッシュッ」「ポッポー!」「ガタンゴトン」って言いながら走るんですよ・・・

実際に動くSLを見たのは私も初めてでした。

今回はその大井川鐵道、トーマス乗車の予約方法、トーマスフェアの見どころなどをレポートしたいと思います!

(2018年6月28日追記しました)

大井川鐡道トーマス号&ジェームス号がクリスマス特別運行開催!さて。 2018年大井川鐡道のトーマス号&ジェームス号の運行が 10月14日(日)に終了いたしました。 乗りたいな~と思い...

大井川鐵道について

大井川鐵道とは


静岡県の大井川周辺を走っている鉄道です。

都内から車でおよそ3時間(※子ども連れで2回休憩をはさんで3時間半~4時間でした)新東名高速道路の島田金谷からすぐのところにあります。

新金谷駅から千頭駅までの区間でSLが走っている鉄道で、特に桜の時期はカメラ好きの方々に大人気。

温泉地も近く、大井川鉄道本線沿いでは川根温泉、本線終点の千頭駅からさらに北上すると寸又峡温泉、接岨峡温泉、白沢温泉などがあります。こちらは大井川鉄道井川線に乗るか、バス、もしくはマイカーで行くことになるようです。

そして2018年は6月から10月の間でトーマス号が運行しています。

トーマス号が走るのは基本は金・土・日・月曜日。8月のお盆期間は毎日走るようです。
※詳しくは公式ホームページでご確認ください。>>こちら

夏休み期間はジェームス号も運行するようですね!

そしてトーマス号が運行する日は「トーマスフェア」が開催されます。

トーマスフェア

トーマスだけでなく、トーマスの仲間たちに会える、乗れる!

乗り物好き男児にとっては夢のようなイベントです(笑)

実際、2歳~5歳の男の子がいるご家族がほとんどでした。もちろん大人だけで来られている方もいましたが。

子供連れのファミリー向けイベントなので、みんな子どもに優しい。

来場者も、スタッフの方も、みんななんでも「いいよいいよ!大丈夫だよ!」という感じなので割と気楽ではありました。

トーマスに乗るには?

基本的には抽選予約です。

現在だと8月分の乗車チケット二次選考抽選受付が6月26日(火)から始まるようですね。

9・10月分の二次抽選予約が8月7日~8月9日(木)です。こちらが今年最終の先行抽選予約となるようなので、もし乗車してみたい!と思った方は8月9日までに公式ホームページから予約してくださいね。(ローソンチケットです)>>予約はこちら

私は土日は競争率が高いと見越して、月曜日の乗車チケットに申し込みました。

それがよかったのかはわかりませんが、第二希望の千頭駅→新金谷駅までの片道チケットに当選!第一希望は新金谷駅→千頭駅だったのですが、もしかしたらそちらの方が競争率が高いのかな・・・?と思います。新金谷駅の方が高速の出口から近いですしね。

そして万が一、抽選にはずれてしまった場合も乗車日直前チケットの販売があるようです。

乗車日の20日前から、キャンセルなどで空席が出た場合のみ、販売されます。

こちらはローソンチケットだけではなく電話や当日窓口での販売も行っていて、先着順なので抽選に外れても20日前になったらとりあえず電話!でもいいかもしれません。

新金谷駅

午前中にトーマス号が発車するのがこちらの駅になります。

駅前のプラザロコではお土産やさんにトーマスグッズがずらり!もちろんSLグッズもあります。

千頭駅にはトーマスショップがありましたが、総合お土産屋さんとしてはこちらが最も大きいと思います。

SL機関車の展示もあって、私は見たかったのですがうちの長男が・・・

プラレールに夢中・・・。

大井川鉄道限定のトーマスプラレールもあって、子どもたちは釘付けです。展示は見れませんでした。笑

ゲームセンターもありますし、そちらにもこれと同じくらいのプラレールがもう1つ。

授乳室・オムツ替えスペースもあり、乳児連れでも安心。ベンチもあります。

電車の本数が少なく、私も新金谷駅で1時間ほど電車を待ちましたが、プラレールとお土産の買い物であっという間に時間が過ぎていきました。

(以下2018年6月28日追記)

トーマス号運行日にはこちらの新金谷駅構内の「車両工場」を見学することができます!

蒸気機関車乗務員の出発前点検作業や油さしなど、日常業務の様子が見学できるとか。

転車台付近にテントがあり、そこで受付だそうです。

新金谷駅からトーマス号乗車前や、到着後に見学できるのでぜひ行ってみてください◎

受付時間

AM9:00~11:30(見学は12:00まで)

PM13:00~16:30(見学は17:00まで)

見学できることを知らなくて、素通りした私はいま本気で泣いてる・・・(つらい)

(追記終わり)

千頭駅

こちらがトーマスフェアのメイン会場になります!スタンプラリーもありました。

もう詳しくはこちらの公式ホームページを見ていただいた方がわかりやすいんですが、

ラスティーの遊覧貨車(有料・1人300円)に乗ったり、いじわる貨車・いたずら貨車の展示を見たり。

ウィンストンのレールライド(有料・1人300円)もあります。

ただこのウィンストン、自転車のようにペダルを漕いで動かすものなので子どもを抱っこしたまま乗ることは出来ません。

私は次男を抱っこしていたので諦めようと思ったのですが・・・なんと係の方が次男を抱っこしていてくれました。優しい。笑

あとは写真を撮り忘れたのですが、トーマス型のミニSLもありました。こちらは無料。2歳児だけでも乗ることができました。

てトロというレールの上を走る手漕ぎ自転車もありましたが、3歳以上と書いてあったのでこちらはスルー。大人がついていれば3歳未満でも大丈夫なようでしたが、なんせ次男を抱っこしたままだったので・・・。

そしてパーシーヒロもいます!

曇ってたので写真が暗い(涙)

こちらのパーシーヒロ、運転台に乗ることができます。そしてなんとしゃべります!

パーシーとトーマスは目まで動くのでとってもリアル!!大人も「おぉっ」となってました。

トーマス号が千頭駅に到着してから、しばらくの間は3台夢の競演です。

無料の休憩所もあります。

座敷席もあるので、空いていれば乳児を下ろして休憩できます!ありがたい・・・オムツ替えスペース・授乳スペースもありました。

そしてこちらにも大きなプラレールスペースが。まあ・・・おかげで長男にお昼は食べていただけませんでしたが。

見どころは?

オススメはトーマスの転車台です!

トーマス号が千頭駅に到着して、新金谷駅へ向けて出発する前に1日1度だけ行われます。

電車の向きを変えるための台なのですが、なんと手動

トーマスの後ろで黄色い棒をがんばって押してるおじさんが写っているのがわかるでしょうか。おじさんめっちゃがんばってます。

大人3人?4人?で押してぐるーっと回していました。

そしてフェア開催中なのでサービスでしょうか。汽笛を鳴らし、2周してくれます。

360°トーマスをじっくり見れるまたとない機会です。回転する時はやはり平日とはいえ人がたくさん。開始時間前によくみえる場所を確保することをオススメします!

音戯の郷

こちらは千頭駅から徒歩3分の道の駅。音と自然の体験ミュージアムです。

こちらではトーマスフェア開催期間中にトーマスの特別展示やゲームがあります。入り口ではトーマスが出迎えてくれるとか。

ソドー島博物館とか・・・なにがあるのか気になります。

トーマスの木製レールジオラマがあり、自由に遊べることができるようです。

時間と休館日の関係で、今回は行くのを断念しましたが(絶対ジオラマから長男が剥がれないことが目に見えてた)また別の機会に行ってみたいと思います。

工房で楽器や万華鏡をつくることができるようなので、幼稚園~小学生が楽しめそうな施設です。

トーマス号乗車!

そしてついにトーマス号乗車です!

車内の写真を撮るのを忘れました。(つらい

ボックス席が並ぶ、レトロな車内です。

背もたれにはトーマスとヒロ。あとは天井にトーマスのフラッグがかかっていました。

窓をあけられるのも昔ながらですよね。走っていると良い風が入ってきます。

が!実はこのトーマス号の車内、冷房がありません。さすがレトロ。空調は天井についている扇風機のみ。

窓を開けていないと正直めちゃくちゃ暑いです。ペットボトル買っておいてよかった・・・。特に夏は熱中症対策が必要です。飲み物は必ず持って乗りましょう。

車内販売限定のお土産やおもちゃもありました。

我が家が購入したのはこちら。

大井川鐡道限定ではありませんが、向かいに座っていた男の子がジェームスのホイッスルを買っていて「あ、いいな」と思ったのでつい購入。

向かい合ってピーピー吹き合って楽しんでいたので、結果的に買ってよかったです。

「車内で笛吹くの?!」と思われるかもしれませんが、そこら中の窓が開いている上、古い列車なのでまぁそこそこ音がすごいんです。「ガタンガタン」って。なので笛の音は正直あまり気にならないと思います。

お土産については別記事でまとめますね。

乗車時間はおよそ1時間でした。川や茶畑、林や民家など穏やかな風景が流れていきます。

1時頃からの乗車だったので、昼寝してしまった子もチラホラ。

子どもにとっての電車1時間はやはり少し飽きてしまうのかな?と思いました。

気をそらすという意味でもトーマスホイッスルは買ってよかったです。笑

あとこのトーマス号、SLなので煙をはいて走ります。窓をあけているので、トンネルに入ると・・・どうしても少し煙くさいです。風向きによっては走っている最中でも煙の臭いがしました。これも貴重な経験ですね。(笑)

まとめ

大井川鐡道のトーマスフェア、乗り物好きの子どもにとって最高のイベントです!

長男は非常に満足したようで、ニッコニコの満面の笑みの写真がたくさん撮れて親としても満足です。

SLに乗る機会はなかなかないので、大人も楽しめると思います!

トーマス号乗車に関しては、先行抽選予約なので公式ホームページを確認してくださいね。

また、トーマス号に乗る際には

  • 空調が扇風機のみなので熱中症対策をする
  • 飲み物は必ず持っていく
  • 窓を開けているので煙臭いのはご愛嬌

という3点はご注意ください。

特に小さいお子様は水分補給を忘れずに!

次回はオススメの宿泊先、コース、お土産などをご紹介したいと思います◎